ルウちゃん日記-2018.07.15-ありがとう、アネゴ(仮)

ルウです。

ルウは、それなりに楽しくやってます。

アネゴ(仮)と母ちゃんは当時近所に住んでいて
たまたま飼っていたワンコの犬種が一緒だということで親しくなったそう。
華やかな世界の人で、ちょっとお節介で、とても細やかで、顔が広くて人情家のアネゴ、
ちっとも気取らずに母ちゃんを飲みに連れて行ってくれたり
一緒にご飯を食べに行ったり、一緒に社交ダンス教室に通ったり。
ちょっとだけココロが病んだ母ちゃんをすぐに病院に連れて行ってくれたこともあった。
おかげですぐ、よくなったみたい。
母ちゃんが引っ越した後も、たまに電話とかしててお付き合いは続き、
少し遅めの結婚のお披露目会では優しいダーリンとラブラブな笑顔を見せてくれたり
結婚後はダーリンの愚痴かと思いきや、のろけばっかり聞かされていたとかいないとか。

 

4年前のお正月、母ちゃんが年始の挨拶の電話をした時
アネゴから母ちゃんは「お家を探すかもしれない犬がいる」と聞いた。
アネゴはちょっと前に似た境遇のワンコを引取り、
とてもとても可愛いがって、病だったワンコをしっかり看取ったひと。
今回もう自分は年齢的にルウを引取る事はできないと言うので
母ちゃん「じゃあ、その時は私の家にくれば?カレンもいるし。」だって。

翌日、ルウはアネゴのお家に連れて行ってもらい、
そこで母ちゃんに初めて会って、そして母ちゃんの子になった。
アネゴが、母ちゃんとルウを繋いでくれた。
母ちゃんの子になってからもアネゴはルウを気にかけてよく電話してくれて、
母ちゃんもたまにルウの写真送ったりしていて、
一番最近の電話はまだ春で、暖かくなったら会おうね、と約束してしていた。

 

いつの間にか日本は猛暑になっていた。
アネゴに、母ちゃんもルウももう会えなくなってしまった事を今日、知った。

 

心の整理がつかないままだけど、母ちゃんはアネゴから繋いでもらったルウとのごえん、
大事にするねと言っています。
ルウも母ちゃんも、アネゴにとっても感謝しています。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
https://tanoinu.com/chapter3/wp-trackback.php?p=41